今、坂本龍馬がブームですね。

先日の新聞にのっていた
子どもへの「好きな歴史上の人物」のアンケートで
ダントツの1位でした。
(日経新聞5月15日(土)NIKKIプラス1)

実家に帰った時に、幕末期の本があったので
読み返していたら、愕然としました。
坂本龍馬が暗殺され、この世を去ったのが
33歳の時…

実は私は、34歳になったところ…

なんといつの間にか
坂本龍馬の年を
追い越していました

驚きというか、ショックというか
なんというか…

龍馬が
19歳の時(1853年)に黒船来航
33歳の時(1867年)に大政奉還
その約1ヶ月後に暗殺

ちょうど20代~30代前半という若い時期に、
幕末の動乱を駆け抜けたのです。

龍馬のすごいところは、
鎖国から開国へ、幕藩体制の崩壊という
この時代の変革期に、
今までの価値観にしばられず、
常に明日の日本のために
何をすればいいのかを考え抜き
行動に移していったことではないでしょうか。

今もまた時代の変革期…

平成の龍馬になるのは、
ブログを読んでいるあなたです。

スポンサーサイト

【2010/05/18 00:56】 | 価値観
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック