坂本龍馬が生きた幕末

それは、
鎖国が終わり、世界という広い枠の中で、
日本がどう生き残るのかを
真剣に考えるようになった時代

藩、幕府のためにという価値観から
日本という国のためにという価値観に変化した時…

現在もまた、価値観が変化している時…

一昔前までは、みんなほぼ同じ価値観を持っていました。

一生懸命勉強して、なるべく偏差値のいい学校に入って、
できるだけ大きな安定している企業に就職して、
そうなれば終身雇用で将来は安泰。
年功序列だから、給料は右肩上がり、
何歳ぐらいで車を買って、何歳頃で結婚して、
何歳までには、マイホームをローンで買えるかなといった
みんな同じような将来を漠然と描いていました。
だから会社のために、残業、休日出勤は当たり前、
転勤、単身赴任、文句も言わずに受け入れる、
そういったことがあたりまえの世の中でした。

しかし、現在は、みなさんご存知の通り、
どんな大きな企業でも安心できない。
あのJALがつぶれる時代ですから、
最悪つぶれなくても、
どんなに働いても、給料が上がらない、ボーナスカット、
やりがいのある仕事はできない…、
そういう声をよく聞きます。

一生今の会社だけに勤めていたいという人、
また勤められる人は、減ってきています。
その中で、仕事より家族を大切にしたい、
自分で独立して起業したい、
資格を取ってよりやりがいのある仕事をしたい、
と価値観が多様化してきています、

また、女性も、今までは就職して、
結婚して寿退社、子育てをして、専業主婦かパートに出て
といった人が多かったのが、
結婚してもバリバリ働きたい、
自分のお店を持ちたい、会社をつくりたい等と
人によって価値観は様々になってきています。

いわば
今までは、会社のために働く時代
これからは、自分のために働く時代に…

また物質的な豊かさから心の豊かさを求める時代に

なので自分の価値観は何なのかをしっかり見つめておかないと、
周りに、日々の忙しさに、流されてしまいます。

あなたの価値観、大切にしたいものは何ですか?

あなたの理想のライフスタイルはどういったものですか?
スポンサーサイト

【2010/05/22 22:21】 | 価値観
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック