上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第51回上方漫才大賞

明日5月14日(土)
15:00~17:30
関西テレビ、ラジオ大阪で同時生放送
http://www.ktv.jp/kamiman/

http://natalie.mu/owarai/news/185329
http://natalie.mu/owarai/news/183276

大賞、奨励賞、新人賞が決定

大賞はノミネートの中から当日発表

奨励賞と新人賞は、ノミネートが当日ネタを披露し
審査を経て決定(視聴者投票もあるみたい)


◆大賞

ノミネートは3組

海原やすよ ともこ
オール阪神・巨人
中川家

大賞1組は当日発表

3組とも過去大賞受賞者。
中川家、やすよともこは過去1回、
阪神巨人は何と過去3回も受賞。
しかし1982、1983、1985と意外とかなり昔…
昨年結成40周年記念で各地で記念公演もやったので
今年は、オール阪神・巨人が最有力

◆奨励賞

銀シャリ
チキチキジョニー
スーパーマラドーナ
なすなかにし
ジャルジャル
(ネタ順)

昨年のM-1で苦杯を舐めたよしもと勢3組+松竹勢2組

コント中心のジャルジャルが漫才でこんなに存在感を
出しているが、やはり本命は銀シャリか。
M-1も結局、銀シャリが2位でジャルジャルが3位
同期で漫才では負けられないところ。
トップ出番が気掛かりやけど…。

そうなると3番手のスーパーマラドーナに注目
M-1は、出番順に泣かされた感があったので
今回は真ん中でネタ順も問題なし

松竹勢は、
女性コンビのチキチキジョニーと
いとこ同士で東京進出したなすなかにし
ナニワのしゃべくり漫才といった感じですでにベテランの域⁉
M-1などの3分4分の漫才より、寄席の5分以上の漫才が似合うタイプなので
期待大。
でもなすなかにしは何で東京行ったんやろ、
絶対ずっと関西でやっていくタイプやと思うんやけど…


予想は、

◎銀シャリ
○スーパーマラドーナ
△チキチキジョニー

やはり上方漫才大賞なので
今後の上方を背負っていくだろう銀シャリに。
昨年も出ているは銀シャリだけ2年連続負けは屈辱だけに
背水の陣で。ただ一番知名度が高いだけに知ってるネタやと
笑いが半減する可能性も、新ネタでくるか?


◆新人賞

ミキ
コマンダンテ
トット
どんぐり兄弟
尼神インター
アルミカン
マルセイユ
(ネタ順)

今年の
NHK上方漫才コンクール優勝のミキと
ytv漫才新人賞決定戦優勝のコマンダンテ
それに関西賞レース決勝の常連になりつつある
トット、尼神インター、マルセイユを加えた
よしもと勢5組に
過去、関西演芸しゃべくり話芸大賞グランプリ受賞経験のある
アルミカン、どんぐり兄弟の松竹勢2組。


ミキの兄弟ならではの掛け合いの爆発力は抜群。
トップ出番が、ハンデになりそうだが、一気に会場の空気を
つくる力はあり。

コマンダンテは独特のテンポでじわりじわり笑えてくるタイプ
でミキとは両極端。

トットは、NHK上方漫才コンクールではミキに敗れ準優勝
結構バラエティにとんだネタをするので
どのネタでいくかがカギ⁉

密かに注目は、どんぐり兄弟
松竹芸能の兄弟コンビ。
兄弟ながらミキとは全く違うタイプ
息の合った掛け合いではなく、
全くかみ合わない会話が笑いを誘う
昨年のM-1は準々決勝まで進出。
現在関西賞レースよしもと勢の独占状態に
一矢報いる最有力候補として期待。

そのあとは女性コンビが2組
尼神インターは、誠子の迫真?の演技力
アルミカンは、高橋のぶりっ子ぶりが
イライラと笑いをうみ出す。
さらに爆笑になるにはツッコミの存在感が
出せるかどうか。

マルセイユはキレとテンポは抜群。
後半テンポの良さで笑いが増してくる期待あり。
別府の「すぐそうやって言うやろ」がはまるかどうか。


予想は、

◎ミキ
○コマンダンテ
△どんぐり兄弟

会場は1000人以上入る梅田芸術劇場メインホール、
ゆったりした感じのコマンダンテ、どんぐり兄弟より
テンポのいいミキの方がこういった大会場向きでは。
NHK上方漫才コンクールも大会場のNHK大阪ホールだったし。
スポンサーサイト

【2016/05/13 23:55】 | 笑い
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。